サイト楽市 サイト売買手数料無料!面倒な会員登録も必要なし!
サイトを手軽に売り買いできるネット上の楽市です。 ネット事業をより手軽に始めたい方を応援します。 個人・法人問わず利用可能です。サイト売るのも、サイト買うのもサイト楽市で!
HOME 売却案件 サイト登録/編集 はじめての方 よくある質問 ご利用規約 サイト売買の基礎 お問い合わせ
サイトを売る サイト販売登録場面はこちら

サイトを買う 売却案件一覧はこちら

サイト売買の流れ 案件登録と売買の手順を
ご説明しています。

ネットビジネス関連コラム ネットビジネスの最新動向コラムです。サイト売買とのコラボレーションについてもご紹介しています。


サイト楽市の特徴
手数料無料
サイトを買うのも、売るのも手数料は一切かかりません。完全無料でご利用いただけます。 従来売買が困難であった、小規模サイトの売買についても手数料がかからないため、 これからネット事業を始めようと考えている方にとって、 より小額でビジネスをはじめることができる可能性が高まります。

会員登録不要
面倒な会員登録を必要とせず、個人・法人様問わずご利用いただけます。 気に入った案件があれば交渉をはじめることができ、 すぐにビジネスをスタートさせることができます。

よくある質問
サイトの登録に必要な条件を教えてください
契約書は作った方が良いでしょうか?
実際のサイトデータの受け渡しはどのようにすればいいですか?
サイト楽市で取り扱えない案件はありますか?
同時に複数の買主の方と交渉をすすめてもかまいませんか?
サイトを登録した後はどうすればいいですか?
登録内容を変更したいのですが。

サイト売買のリスク回避(売り手側)

売り手側にとって、サイトは長年育ててきた思い入れのあるもの。できるだけ高い価格で売却したいと
いう思いがあるのは当然のことだと思います。一方で金銭的な面だけでなく、せっかく育ててきた
サイトを大事にしてもらいたいという意向も多いようです。サイト売買は純粋な交渉事という側面も
ありますが、買主がサイトをどのように活用していくのか、意思や将来性を確認していくことも
重要なポイントになります。

サイト売却で、そのサイトからの収益はなくなりますが、売却によってまとまった資金が調達
できるため売り手側にとっては新たなビジネスを展開するチャンスが獲得できることは間違い
ありません。サイト売買でぜひ次のチャンスをつかんでいただきたいと思います。

サイト売買では売り手側が多くの情報を持っていますので、交渉を有利に進められる側面も
ありますが、必要な情報を提供せずに交渉をすすめてしまうとトラブルが生じやすいほか、
自分のサイトの価値をよくわかった状態で出展しないと不利益な結果になってしまうことが
あります。サイト売買で売主が注意すべきリスクは下記4点です。

1.希望の価格で売却できないリスク
ご自身の出展するサイトの相場を十分把握していない場合、購入者から伝えられる金額が先行
してしまい、相場からかけ離れた安すぎる金額で売却してしまうケースがあります。
しっかりと自分の売却希望額を明確にしておきましょう。売却案件一覧ではサイト売買の
内容と希望売却額が確認できますので、他の売却案件に似たものがないか調べた上で
妥当な金額を設定すると間違いが起こりにくくなります。

2.譲渡後にトラブルが発生するリスク
サイト売買は非常にデリケートな取引です。買い手側は出展されているサイトに不備がないか、
収益になるものなのかをシビアに見極めようとします。売買代金が数百万単位と高額になる
ケースも多いため、高額になればなるほどより慎重になります。このような状況で売買締結後に
サイトの瑕疵が見つかった場合、売り手側にだます意思がなかったとしてもトラブルが発生する
可能性がありますので十分注意が必要です。売り手側は売買において情報を積極的に開示する
必要があり、都合の悪い事実を隠蔽することがないようにしなければなりません。特に売却額が
大きくなるほどトラブルも発生しやすいことを念頭に入れておいてください。

3.売買代金が回収できないリスク
売買の合意がとれ、買い手側にデータなど引き継いだのにも関わらず、買い手側から売買代金が
支払われず、データを取られてしまうというリスクです。身分証明を入手してしっかりと身元確認
を行う、事前に売買契約書を取り交わす、代金の一部を入金してからデータを引き渡すなどの
対策が考えられます。

4.情報漏洩のリスク
サイト売買において互いの要求が折り合わず、交渉決裂となった場合に買主にサイト運営の
ノウハウだけを奪われてしまう可能性のリスクです。不必要な情報は交渉の初期では出さない
ようにするほか、金額が大きい案件の場合は秘密保持契約を事前に締結してから交渉するなどの
対策が考えられます。大規模なサイトの場合はURLなども不用意に開示しないほうが安全です。
不特定多数の人にサイトを売却するという情報が流出してしまい、ユーザーやクライアント離れに
つながってしまうケースが考えられます。

Copyright (C) 2011 サイト楽市 All Rights Reserved.