サイト楽市 サイト売買手数料無料!面倒な会員登録も必要なし!
サイトを手軽に売り買いできるネット上の楽市です。 ネット事業をより手軽に始めたい方を応援します。 個人・法人問わず利用可能です。サイト売るのも、サイト買うのもサイト楽市で!
HOME 売却案件 サイト登録/編集 はじめての方 よくある質問 ご利用規約 サイト売買の基礎 お問い合わせ
サイトを売る サイト販売登録場面はこちら

サイトを買う 売却案件一覧はこちら

サイト売買の流れ 案件登録と売買の手順を
ご説明しています。

ネットビジネス関連コラム ネットビジネスの最新動向コラムです。サイト売買とのコラボレーションについてもご紹介しています。


サイト楽市の特徴
手数料無料
サイトを買うのも、売るのも手数料は一切かかりません。完全無料でご利用いただけます。 従来売買が困難であった、小規模サイトの売買についても手数料がかからないため、 これからネット事業を始めようと考えている方にとって、 より小額でビジネスをはじめることができる可能性が高まります。

会員登録不要
面倒な会員登録を必要とせず、個人・法人様問わずご利用いただけます。 気に入った案件があれば交渉をはじめることができ、 すぐにビジネスをスタートさせることができます。

よくある質問
サイトの登録に必要な条件を教えてください
契約書は作った方が良いでしょうか?
実際のサイトデータの受け渡しはどのようにすればいいですか?
サイト楽市で取り扱えない案件はありますか?
同時に複数の買主の方と交渉をすすめてもかまいませんか?
サイトを登録した後はどうすればいいですか?
登録内容を変更したいのですが。

サイト売買のリスク回避(買い手側)

サイト売買はいろんな方がプレーヤーとして市場に入ってきます。上場企業、中小企業、個人まで
さまざまな方がいらっしゃいますが、サイト売買の経験をお持ちの方は非常に少ないのが現状です。
サイト売買は案件が多岐に渡っており、これといった定石手法があるわけではありません。
経験が少ないと売り手のペースに巻き込まれ、不本意な結果になってしまうというのもよくあるケースです。
売買にあたって何を重要視すべきか、出展者様にアプローチする前にしっかりとポイントを
整理しておきましょう。

サイト売買に限りませんが、企業買収やM&Aを専門に扱っている企業様などでは買収の際の
注意点を明確にしており、交渉の際の質問でリスクがどこに潜んでいるのかあぶりだそうとします。
具体的にはどのような点に気をつけてリスクヘッジを行っているのでしょうか。

1.売買額の妥当性チェック
まずそのサイトの希望売却価格が適正かどうか見極めることになります。
これはどの方でも一番にチェックする項目でしょう。一般的にはそのサイトから得られる月あたり利益の
3〜4年分を見越して売却額を設定することが行われます。
こんなサイトが高く売れる!でも申し上げたとおり、コンテンツ内容、PV、将来性なども考慮して
設定されることが望ましいですが、ここから大きく逸脱した価格になっていないかどうかを
チェックすることが大切です。

2.属人的なサイトかどうかの見極め
その人でないと価値が薄れてしまうサイトが存在します。代表的なのは日記ブログなどです。
サイトコンテンツを契約前に確認すれば十分に見極めができるでしょう。

3.SEO手法のチェック
強引なSEOでの上位表示を行っていないかのチェックです。一時的には検索エンジン上位表示されていても
数ヶ月で売上げが落ちてしまうなどがリスクとして考えられます。無料でできるSEOチェックツールで
サイトURLを入力し、ドメイン年齢や被リンク元、被リンク数などのサイト基礎データを確認して
おきましょう。アクセスを集めるためにどのような工夫をしてきたか、出展者様に聞き取りされるのも
よい方法です。

4.権利や義務の引継ぎの不備有無
ECサイトの場合、商品在庫や仕入先などがサイトとしてでなく、サイト管理者個人に帰属している
ケースがあります。権利や義務関連の項目を整理し、これらを引き継ぐことができるか、
交渉の際には注意してください。

5.瑕疵(かし)や虚偽の有無
基本的に売り手側は、自分にとって都合の悪いことはあまり見せたくないものです。
悪意がない場合もありますが、現状把握が正しくできないと、売却案件が正常に評価できません。
細かいところまでしっかりを質問してチェックを行うことが重要です。
また、契約書に瑕疵、虚偽の項目を設けて予防線を張っておくことも一手です。

6.運用体制
サイトは購入した後に運用ができなければ収益を上げることができません。
自社のインフラ、人材で運用ができるか、運用が難しいのであれば外部委託できるかなども
調査が必要になります。

7.契約書内容
売買額が大きい場合は特に契約書を取り交わした方がトラブルが少なくてすみます。
内容をしっかりと双方で決め、漏れのないよう項目を詰めることが必要です。
購入後も3ヶ月間運用のアフターケアをして欲しいなど、交渉の中ででた要望は、
特約事項などに盛り込んでおくとよいでしょう。
Copyright (C) 2011 サイト楽市 All Rights Reserved.