サイト楽市 サイト売買手数料無料!面倒な会員登録も必要なし!
サイトを手軽に売り買いできるネット上の楽市です。 ネット事業をより手軽に始めたい方を応援します。 個人・法人問わず利用可能です。サイト売るのも、サイト買うのもサイト楽市で!
HOME 売却案件 サイト登録/編集 はじめての方 よくある質問 ご利用規約 サイト売買の基礎 お問い合わせ
サイトを売る サイト販売登録場面はこちら

サイトを買う 売却案件一覧はこちら

サイト売買の流れ 案件登録と売買の手順を
ご説明しています。

ネットビジネス関連コラム ネットビジネスの最新動向コラムです。サイト売買とのコラボレーションについてもご紹介しています。


サイト楽市の特徴
手数料無料
サイトを買うのも、売るのも手数料は一切かかりません。完全無料でご利用いただけます。 従来売買が困難であった、小規模サイトの売買についても手数料がかからないため、 これからネット事業を始めようと考えている方にとって、 より小額でビジネスをはじめることができる可能性が高まります。

会員登録不要
面倒な会員登録を必要とせず、個人・法人様問わずご利用いただけます。 気に入った案件があれば交渉をはじめることができ、 すぐにビジネスをスタートさせることができます。

よくある質問
サイトの登録に必要な条件を教えてください
契約書は作った方が良いでしょうか?
実際のサイトデータの受け渡しはどのようにすればいいですか?
サイト楽市で取り扱えない案件はありますか?
同時に複数の買主の方と交渉をすすめてもかまいませんか?
サイトを登録した後はどうすればいいですか?
登録内容を変更したいのですが。

サイトの回遊率を上げるサイト構築

WEBサイトの回遊率は必ず上げたい
大規模なサイトにおけるWEBマーケティング担当者になると、サイトの回遊率という言葉を見かけることがあります。また、個人事業主でもある程度規模の大きなサイトになると、サイト内でユーザーがどのように動いているのかを知りたいと思うものでしょう。
サイトの回遊率とは、つまり1人のユーザーが同じサイト内のページを何回閲覧したかということです。サイトの回遊率を上げると、ユーザーの滞在時間、訪問頻度が上がるということになります。つまり、どのようなインターネットビジネスを実行する場合でも、1人のユーザーに対して商品やサービスを提供できるチャンスが増えるということです。
例えば、Amazonや楽天市場、Yahoo!オークションなどでもそうですが、1人のユーザーが10ページ100ページと閲覧すると、それだけ顧客が購入する確率が高くなります。したがって、回遊率の高いサイト構築及び改善が課題となるのです。

回遊率を調べる為にはアクセス解析を導入すること
まず、サイトの回遊率を調べる為には2つの項目について調べなければなりません。「セッション(1ユーザーのサイト内での行動)あたりの閲覧ページ数」と「直帰率(閲覧したページのみで離脱したケース)」について、まずは分析と考察をする必要があります。
その後、サイトの回遊率を高める為の具体的な方法に取り掛かることになります。まず、閲覧開始ページやリンク元となるサイトを確認しましょう。例えば、閲覧したページから他のページへの移動が難しかったり、リンク元サイトの紹介が適切でなかったりすると、直帰率が増えてしまう可能性があります。
また、検索キーワードの確認や分析に関しても取り組む必要があります。想定していないキーワードで流入してくるユーザーも居ますから、サイトの回遊率を上げる為には、こうしたユーザーの求めている商品が自社サイトで販売しているものと一致しているのか見つめ直す必要があります。
次に、販売するページには、商品名だけでなく、使い方や金額の相場など、情報が充実していることが望ましいです。「このサイトは有益な情報を提供している」という理由で、何ページも見てくれるユーザーが増えます。これがサイトの回遊率を上げる方法です。

回遊率を上げるにはサイト全体の構築の改善も重要
サイトの回遊率を上げる手法として、他にもサイト内の工夫が必要です。例えば、パンくずリストやカテゴリーページを設置することで、ユーザーが「同じジャンルで他にも商品があるかもしれない」このように興味を持ってくれやすくなるのです。
また、閲覧開始ページが回遊率を決めると述べましたが、ページのタイトルを個別に設定することも重要です。特に検索エンジン上では、ページタイトルを元にクリックするユーザーがほとんどですから、最初のページタイトルで魅力を感じさせるような文句が書けていると、ユーザーは期待して他のページも閲覧してくれやすくなるということです。

「サイトの回遊率は、ユーザーをどれだけ思えるかである」
さて、1人当たりのページビュー率について考えた時、一体どのくらいの回遊率があればコンバージョンにつながるのかという問題があります。つまり、言い換えればどこまでサイトの回遊率を上げる工夫をすれば良いかということにもなります。
一般的にサイトの訪問者が資料請求や商品購入を行う場合、平均ページビューは15〜20ページの間であると言われています。サイトへの滞在時間はそのサイトへの信頼度と言っても過言ではありませんから、平均ページビューが多いほど、購入者や資料請求者が増え、ファンも増えるということです。
つまり、ユーザーに対して信頼してもらえるコンテンツを量産すること。これがサイトの回遊率を上げる最善策なのです。


Copyright (C) 2011 サイト楽市 All Rights Reserved.