サイト楽市 サイト売買手数料無料!面倒な会員登録も必要なし!
サイトを手軽に売り買いできるネット上の楽市です。 ネット事業をより手軽に始めたい方を応援します。 個人・法人問わず利用可能です。サイト売るのも、サイト買うのもサイト楽市で!
HOME 売却案件 サイト登録/編集 はじめての方 よくある質問 ご利用規約 サイト売買の基礎 お問い合わせ
サイトを売る サイト販売登録場面はこちら

サイトを買う 売却案件一覧はこちら

サイト売買の流れ 案件登録と売買の手順を
ご説明しています。

ネットビジネス関連コラム ネットビジネスの最新動向コラムです。サイト売買とのコラボレーションについてもご紹介しています。


サイト楽市の特徴
手数料無料
サイトを買うのも、売るのも手数料は一切かかりません。完全無料でご利用いただけます。 従来売買が困難であった、小規模サイトの売買についても手数料がかからないため、 これからネット事業を始めようと考えている方にとって、 より小額でビジネスをはじめることができる可能性が高まります。

会員登録不要
面倒な会員登録を必要とせず、個人・法人様問わずご利用いただけます。 気に入った案件があれば交渉をはじめることができ、 すぐにビジネスをスタートさせることができます。

よくある質問
サイトの登録に必要な条件を教えてください
契約書は作った方が良いでしょうか?
実際のサイトデータの受け渡しはどのようにすればいいですか?
サイト楽市で取り扱えない案件はありますか?
同時に複数の買主の方と交渉をすすめてもかまいませんか?
サイトを登録した後はどうすればいいですか?
登録内容を変更したいのですが。

クラウドコンピューティングの基本とは

ファイル管理に革命を起こしたクラウドコンピューティングとは
最近よく耳にするクラウドコンピューティングとは、インターネット上のサーバーでファイルを管理するという手法です。例えば、GoogleのGoogle driveやMSNのSkyDriveなど、各企業がクラウドコンピューティングのサービスを行っています。
クラウドコンピューティングは、従来のファイル管理に革命を起こしたと言っても過言ではありません。通常、ファイル管理は自分のパソコン、あるいは、自社サーバー上での管理に過ぎませんでした。しかし、インターネットブラウザ上でデータの処理が行えるようになったのです。
例えば、Google Driveの場合、エクセルやワード、パワーポイントなどをWEB上で管理できるのが強みです。ブラウザ上では複数のサーバーを利用しているのですが、利用しているユーザーにとっては1つのストレージや共有フォルダでデータ管理を行う感覚で良いのです。
クラウドコンピューティングによって、外出先や出張先でも気軽にデータの編集が行えるようになりました。また、編集に権限を与えることでクライアントや外注スタッフとのデータ共有が非常に便利になったのです。
クラウドとは雲のこと。つまり、インターネット全体を雲のように例えており、その中で様々な処理を行えるということなのです。

クラウドコンピューティングのメリットは安い・便利・拡張性
クラウドコンピューティングを利用する上でメリットについて考えてみましょう。やはり、WEB上の大規模なサーバーを利用できますから、安くて便利で拡張性がある、この3点にあるのではないでしょうか。
本来、自社内で同様のサービスを行うのであれば、多くのサーバーを運用しなければなりませんし、それに対するセキュリティ、保守管理スタッフなどの人材も必要になります。数千万円規模の投資になることは容易に想像できます。
しかし、クラウドコンピューティングの場合、無料、あるいは非常に安価で使用できます。巨大なサーバーが必要となった時に、自社でサーバーを拡張するよりもWEB上で管理してもらった方が良いということです。
他にも、最初に述べたような目的で利用することも可能です。クライアントや外注スタッフとのデータ共有をスムーズにすれば、利便性や時間効率も圧倒的に向上します。さらに、ユーザーごとに編集権限も与えられるのです。したがって、従来の自社サーバーによる共有システムよりも効率的でセキュリティ面の安全性も向上するのです。
つまり、クラウドコンピューティングとは、どこでも使えてセキュリティ面も強い自社サーバーだと考えられます。

クラウドコンピューティングの欠点とはデータの消失にある
クラウドコンピューティングとは、ここまでご紹介したように非常に便利なサービスです。しかし、クラウドコンピューティングのリスクとしてセキュリティ面の問題があります。
ただし、一般的なセキュリティの問題だけではありません。自社内でセキュリティを万全にしていても、こうしたサービスを提供している会社のミスやハッキング、クラッキングによってデータを盗まれたり破壊されたりするリスクは十分に考えられます。
また、人的ミスなどの問題も考えられます。例えば、自社の従業員に限らず、クライアント側や制作スタッフが誤ってデータを消してしまったというトラブルも考えられます。バックアップをきちんととらないと、このようなエラーが起きてしまうのです。
したがって、クラウドコンピューティングのリスクについても十分に理解しておく必要があります。正しい使い方を理解して対策さえ立てておけば非常に使い勝手の良いツールですから、上手い付き合い方を考えながらクラウドコンピューティングを活用しましょう。


Copyright (C) 2011 サイト楽市 All Rights Reserved.