サイト楽市 サイト売買手数料無料!面倒な会員登録も必要なし!
サイトを手軽に売り買いできるネット上の楽市です。 ネット事業をより手軽に始めたい方を応援します。 個人・法人問わず利用可能です。サイト売るのも、サイト買うのもサイト楽市で!
HOME 売却案件 サイト登録/編集 はじめての方 よくある質問 ご利用規約 サイト売買の基礎 お問い合わせ
サイトを売る サイト販売登録場面はこちら

サイトを買う 売却案件一覧はこちら

サイト売買の流れ 案件登録と売買の手順を
ご説明しています。

ネットビジネス関連コラム ネットビジネスの最新動向コラムです。サイト売買とのコラボレーションについてもご紹介しています。


サイト楽市の特徴
手数料無料
サイトを買うのも、売るのも手数料は一切かかりません。完全無料でご利用いただけます。 従来売買が困難であった、小規模サイトの売買についても手数料がかからないため、 これからネット事業を始めようと考えている方にとって、 より小額でビジネスをはじめることができる可能性が高まります。

会員登録不要
面倒な会員登録を必要とせず、個人・法人様問わずご利用いただけます。 気に入った案件があれば交渉をはじめることができ、 すぐにビジネスをスタートさせることができます。

よくある質問
サイトの登録に必要な条件を教えてください
契約書は作った方が良いでしょうか?
実際のサイトデータの受け渡しはどのようにすればいいですか?
サイト楽市で取り扱えない案件はありますか?
同時に複数の買主の方と交渉をすすめてもかまいませんか?
サイトを登録した後はどうすればいいですか?
登録内容を変更したいのですが。

中古ドメインによるSEO対策のこれから

エイジングフィルタの問題点
中古ドメインはSEO対策において非常に重要な資産であると考えられています。一般的に、新規にドメインを取得した場合、googleの検索エンジンではエイジングフィルタと呼ばれるものがあり、検索結果上位に表示されないようになっているからです。まずは中古ドメインに触れる前にエイジングフィルタについて説明しましょう。
エイジングフィルタとは、2004年頃から確認されているものです。これはドメインを取得、Googleの検索ロボット(クローラ)が認識してから数カ月〜半年程度は検索エンジンのっ上位キーワードに検索されにくいと言うシステムです。
エイジングフィルタが開設されている背景は、過剰なSEO対策によってユーザーが求めている情報を検索するのが難しい、信頼度の高いサイトを閲覧することが難しくなってしまうという理由が挙げられています。
例えば、googleの検索エンジンでアフィリエイト目的のサイトが上位表示されてしまう、新規に開設されたばかりのサイトで信頼度が低いなどが考えられます。こういったサイトがある程度の信頼性を獲得する期間が半年程度と考えられており、上位表示されるまでの期間としてエイジングフィルタが設けられているのです。
中古ドメインがSEO対策を行う上で重要な理由は、上述したエイジングフィルタの問題点をクリアする為です。他にも、「企業名の入ったドメイン名が必要だが、既に取得されている」という場合にも中古ドメインの売買は行われています。

ドメインからインターネットビジネスの戦略について考える
ドメインがエイジングフィルタに反応してしまうと、スムーズな企業活動の運営が難しくなります。例えば、事業の詳細が全て決定してから新規にドメインを取得してウェブサイトを立ち上げてもgoogleが認識するまでに時間がかかってしまうという問題点が潜んでいるからです。
ここで中古ドメインを購入しSEO対策につなげることで、事業展開が容易になるということが挙げられます。エイジングフィルタの問題をクリアした中古ドメインの購入によって、サイト開設後、すぐにサイトを検索結果上位に表示させることが可能です。
一方、新規ドメインを取得する場合、事業の内容を決定する過程で「いつネーミングを決めるか」が大きな課題となります。できるだけ早くネーミングを決定、ドメインを取得することでエイジングフィルタの問題をクリアすることができます。
新規ドメインを取得した時、サイトの概要だけでもアップロードしておきましょう。Googleのクローラが一度認識してくれるからです。
このように、ドメイン戦略を行うことでSEO対策は質の良いものになります。したがって、中古ドメインを購入することで得られるSEO対策は、インターネットビジネス非常に重要な位置づけとなるのです。

今後の中古ドメインの価値はどうなるのか?
検索エンジンの評価方法は日々変わっていると言われています。例えば、パンダアップデート、ペンギンアップデートと呼ばれる大規模な変更が今後も行われていくと考えることは容易に予想できます。営利目的によるSEO対策ではなく、よりユーザーへの情報提供を目的としたインターネットを目指しているということです。
このような流れの中で中古ドメインの位置づけも変化していくことが予想されます。そこで、これからの中古ドメインはSEO対策上、どのような立場になるのでしょうか。
あくまでも一説ですが中古ドメインはSEO対策の効果として若干弱まるという意見があります。あまりに小まめにサイトの内容が変化していくと、SEO対策を目的に価値の低い中古ドメインをユーザー間で売買しているのではないかと判断されてしまうからです。
したがって、これからのSEO対策はサイト売買を行うべきだと言えるでしょう。サイトのオーナーが変更する事情は様々ですし、SEO対策を目的としていなくてもサイト売買が行われる可能性は十分にあるからです。


Copyright (C) 2011 サイト楽市 All Rights Reserved.