サイト楽市 サイト売買手数料無料!面倒な会員登録も必要なし!
サイトを手軽に売り買いできるネット上の楽市です。 ネット事業をより手軽に始めたい方を応援します。 個人・法人問わず利用可能です。サイト売るのも、サイト買うのもサイト楽市で!
HOME 売却案件 サイト登録/編集 はじめての方 よくある質問 ご利用規約 サイト売買の基礎 お問い合わせ
サイトを売る サイト販売登録場面はこちら

サイトを買う 売却案件一覧はこちら

サイト売買の流れ 案件登録と売買の手順を
ご説明しています。

ネットビジネス関連コラム ネットビジネスの最新動向コラムです。サイト売買とのコラボレーションについてもご紹介しています。


サイト楽市の特徴
手数料無料
サイトを買うのも、売るのも手数料は一切かかりません。完全無料でご利用いただけます。 従来売買が困難であった、小規模サイトの売買についても手数料がかからないため、 これからネット事業を始めようと考えている方にとって、 より小額でビジネスをはじめることができる可能性が高まります。

会員登録不要
面倒な会員登録を必要とせず、個人・法人様問わずご利用いただけます。 気に入った案件があれば交渉をはじめることができ、 すぐにビジネスをスタートさせることができます。

よくある質問
サイトの登録に必要な条件を教えてください
契約書は作った方が良いでしょうか?
実際のサイトデータの受け渡しはどのようにすればいいですか?
サイト楽市で取り扱えない案件はありますか?
同時に複数の買主の方と交渉をすすめてもかまいませんか?
サイトを登録した後はどうすればいいですか?
登録内容を変更したいのですが。

見出しタグとSEOの関係性

見出しタグの重要性とは
見出しタグとは、htmlと呼ばれるウェブサイト制作には欠かせないプログラミングにおいて、新聞記事の見出しのような役割をします。つまり、サイトに表示される文字サイズを変える役割を持っています。
では、見出しタグの重要性について考えてみましょう。日頃、私達が新聞の記事や雑誌のコラムなどを読む時、無意識に気を惹かれているのは見出しの重要性ではないでしょうか。見出しに興味を惹かれた読者は、その記事を読むかどうか判断するということになります。つまり、情報選択を数十文字の見出しで行っているのです。
WEBライティングにおいても見出しの重要性は同様です。見出しが興味を惹くような文章コンテンツにはやはりユーザーも興味を持つということです。
見出しタグとは、コンテンツの中身を数十文字程度で要約し、詠み手にとって有益な情報であることをアピールするもの時に付けるのです。雑誌や新聞と同様に、1つの記事内に沢山の見出しが付くのは不自然ですから、大きな見出しタグである<h1>は1記事1つが原則ということになるのです。

見出しタグはSEO対策上も重要
さて、見出しタグがどのような目的で機能しているのか、お分かりいただけたかと思います。ここからは見出しタグは検索エンジン(SEO対策)上、どのような意義を持っているのかを考えたいと思います。
実は、検索エンジンは人間と同じように記事を読んでいます。例えば、ここで紹介する見出しはもちろんのこと、他サイトのコピーチェックや誤字脱字、不自然な日本語の文法を使用していないかによって検索結果上位表示に値するサイトかどうかを判断しています。つまり、SEO対策の効果の有無につながってきます。
これはちょうど、人間が記事を読む時に似ています。私達は見出しが紙面の分かりやすい位置にあるか、見出しが興味を惹くかどうか、記事の内容は有益で独自性があるかどうか、誤字脱字から信頼性がある記事かどうかを判断しているのです。
ウェブサイトのコンテンツは、このようにして見出しタグを中心にSEO対策上判断されているのです。したがって、次項では見出しタグの使い方について、もう少し細かく触れて行きます。

<h1>タグの使い方
基本的に、<h1>タグは1記事当たり1つであるとお伝えしました。しかし、htmlサイトのテンプレートを見ると会社のロゴ部分などが<h1>として割り当てられていることが多いです。
これは、<h1>タグがサイトの顔、紙媒体で例えると「●●新聞」や「週刊●●」という雑誌名が最大の見出しであると考えると分かりやすいでしょう。つまり、新聞名や雑誌名自体からある程度の論調が把握できると言う点を考えると、<h1>タグによってある程度どのようなサイトの方向性になるのかが想像できるということです。
<h1>タグには検索キーワードを狙いつつ、かつ、比較的大きなキーワードを入れることになります。例えば、「サイト売買の●●」など、そのサイトではどのようなことが行われているかが分かれば、ユーザーも検索エンジンも分かりやすいということになるのです。もっとも大きな見出しタグですから、SEO対策上も大きな効果があります。

<h2>以下の見出しタグとSEO対策
さて、記事本文のキーワードについては<h2>以下のタグを使用することになります。こちらも新聞を想像していただければ分かる通り、毎日の新聞に使用される大きな見出しはせいぜい1,2個です。したがって、使い過ぎないようにすることが重要です。
<h3>タグとなると、やや柔軟性が現れてきます。もっとも、そんなに多くは使えないのですが、細かな章ごとの区切りとして見出しタグとしてSEO対策上も認識します。したがって、見出しタグに適度にキーワードや関連するワードを入れていくと効果的なSEO対策が行えます。


Copyright (C) 2011 サイト楽市 All Rights Reserved.