サイト楽市 サイト売買手数料無料!面倒な会員登録も必要なし!
サイトを手軽に売り買いできるネット上の楽市です。 ネット事業をより手軽に始めたい方を応援します。 個人・法人問わず利用可能です。サイト売るのも、サイト買うのもサイト楽市で!
HOME 売却案件 サイト登録/編集 はじめての方 よくある質問 ご利用規約 サイト売買の基礎 お問い合わせ
サイトを売る サイト販売登録場面はこちら

サイトを買う 売却案件一覧はこちら

サイト売買の流れ 案件登録と売買の手順を
ご説明しています。

ネットビジネス関連コラム ネットビジネスの最新動向コラムです。サイト売買とのコラボレーションについてもご紹介しています。


サイト楽市の特徴
手数料無料
サイトを買うのも、売るのも手数料は一切かかりません。完全無料でご利用いただけます。 従来売買が困難であった、小規模サイトの売買についても手数料がかからないため、 これからネット事業を始めようと考えている方にとって、 より小額でビジネスをはじめることができる可能性が高まります。

会員登録不要
面倒な会員登録を必要とせず、個人・法人様問わずご利用いただけます。 気に入った案件があれば交渉をはじめることができ、 すぐにビジネスをスタートさせることができます。

よくある質問
サイトの登録に必要な条件を教えてください
契約書は作った方が良いでしょうか?
実際のサイトデータの受け渡しはどのようにすればいいですか?
サイト楽市で取り扱えない案件はありますか?
同時に複数の買主の方と交渉をすすめてもかまいませんか?
サイトを登録した後はどうすればいいですか?
登録内容を変更したいのですが。

WEBマーケティングの集客と属性

WEBマーケティングは集客のシナリオが命
WEBマーケティングの最終目標は集客力を付けて、販売促進を行う点にあります。最終的な成約に至るかどうかという問題はコンテンツやコピーによる見せ方、あるいは商品・サービスの品質に関わってきます。しかし、それ以前に集客が無ければWEBマーケティングは始まらないということです。
WEBマーケティングにとって不可欠な集客という考え方ですが、実は、様々な宣伝方法が考えられます。まずはコストパフォーマンスの検討やターゲットを設定することで、最適な宣伝方法を考える必要があります。
今回はターゲットごとに集客方法について考えてみたいと思います。企業のマーケティング担当者はもちろんのこと、優れたネット起業家の多くは、ターゲットに応じた集客方法を確立し、それぞれに対して自社の商品やサービスとともに適切な戦略を行っているものなのです。

BtoBビジネスの集客効果について考え直す
まずはBtoB(企業対企業)ビジネスについて考えてみましょう。WEBマーケティングを行う業種にもよりますが、基本的にはITサービスはもちろんのこと、地元の町工場まで、全ての業種でWEBサイトへの集客はあった方が当然良いです。やはり、どんな企業の担当者の目に止まるか分からない為、広告は幅広く打ち出すべきです。
ただし、WEBマーケティングには費用がかかりますし、適切な集客が見込めるかは全く別物です。したがって、コストのかからないものから紹介したいと思います。
まずは、過去の問い合わせや既存顧客リストから洗い出す方法です。ダイレクトメールの発送やメールマガジンを送付することで、ある程度効果が見込める顧客へとアプローチすることができます。
また、各営業担当者の名刺を刷新する時も他社へアプローチするチャンスです。一気に変えるとなるとそれなりにコストがかかるものですが、効果は期待できます。例えば、営業担当者が名刺だけを置いてきた場合でも、相手が時間を作ってサイトを閲覧してくれることもあるからです。
他にも、専門誌に出稿する、TVやラジオのCMを行う、展示会へ出展する、他の企業とビジネスマッチングを行うなどの方法が考えられます。これによって、幅広い顧客に対してアプローチを行える為、集客の可能性が広がるのです。

BtoCビジネスの集客方法について見直す
企業から消費者に対してアプローチする場合、主に3つの消費者区分があることを覚えておきましょう。「WEB」「デバイス/アプリケーション」「オフライン」です。これら3つの媒体が自社サイトを囲っているのです。これは、公式のホームページはもちろん、運営するECサイトやSNS上のページ、ブログなども含まれます。
まず、「WEB」からの集客です。検索エンジンやソーシャルメディアなどがこれに当たります。これは、インターネットで集客をする上で基本的な位置づけとなります。
次に、「デバイス/アプリケーション」です。こちらはデスクトップ上のアプリケーションやスマートフォンに付属しているアプリケーションです。直接的にインターネットに接続されているわけではないのですが、アプリケーションを通じて自社製品・サービスを広告できる機会はあります。
最後に「オフライン」ですが、テレビや雑誌、新聞広告、屋外広告など、インターネットと無関係な部分にも様々な広告媒体があります。したがって、ここから集客が発生する可能性も十分にあり得るのです。
これらを上手に組み合わせることで消費者を網羅することができますから、数字上の集客は増加します。しかし、あなたが販売を検討する商品やサービスの中で、どのような消費者に対して訴求したいのかを考えてアプローチすることで、良質な集客につながります。したがって、WEBマーケティングで良質な顧客を集客する為に、これらの媒体をフル活用すべきなのです。


Copyright (C) 2011 サイト楽市 All Rights Reserved.