サイト楽市 サイト売買手数料無料!面倒な会員登録も必要なし!
サイトを手軽に売り買いできるネット上の楽市です。 ネット事業をより手軽に始めたい方を応援します。 個人・法人問わず利用可能です。サイト売るのも、サイト買うのもサイト楽市で!
HOME 売却案件 サイト登録/編集 はじめての方 よくある質問 ご利用規約 サイト売買の基礎 お問い合わせ
サイトを売る サイト販売登録場面はこちら

サイトを買う 売却案件一覧はこちら

サイト売買の流れ 案件登録と売買の手順を
ご説明しています。

ネットビジネス関連コラム ネットビジネスの最新動向コラムです。サイト売買とのコラボレーションについてもご紹介しています。


サイト楽市の特徴
手数料無料
サイトを買うのも、売るのも手数料は一切かかりません。完全無料でご利用いただけます。 従来売買が困難であった、小規模サイトの売買についても手数料がかからないため、 これからネット事業を始めようと考えている方にとって、 より小額でビジネスをはじめることができる可能性が高まります。

会員登録不要
面倒な会員登録を必要とせず、個人・法人様問わずご利用いただけます。 気に入った案件があれば交渉をはじめることができ、 すぐにビジネスをスタートさせることができます。

よくある質問
サイトの登録に必要な条件を教えてください
契約書は作った方が良いでしょうか?
実際のサイトデータの受け渡しはどのようにすればいいですか?
サイト楽市で取り扱えない案件はありますか?
同時に複数の買主の方と交渉をすすめてもかまいませんか?
サイトを登録した後はどうすればいいですか?
登録内容を変更したいのですが。

SNSと顧客の関係性を考える

ソーシャルメディアにおけるSNSの立ち位置
SNSはソーシャルメディアという区分に含まれます。潜在顧客となるユーザーの中にも、SNSを利用しているという人は非常に多いです。
ソーシャルメディアとは非常に多岐にわたります。定義としては「インターネットコンテンツを、多数の人々が双方向にやり取りをできるもの」「これまで消費者だったユーザーがコンテンツの生産者となる」このようなものになっています。
例えば、SNSに限らず、ブログやソーシャルゲーム、レビューサイト、さらにはYahoo!知恵袋まで広義の意味ではソーシャルメディアと呼ぶことができます。ユーザー自らが趣味や情報を積極的に発信できる時代ですから、マーケティング担当者の側もユーザーのニーズを調べやすいと考えることもできます。
このようなソーシャルメディアの一端を担うSNSは、顧客を見つける上で非常に効率的なサイト方式であると言えます。コミュニティや属性によって多数のユーザーが固まっているケースも多く、SNSで広告収入やコンテンツ提供による収入がヒットする理由も納得できるものでしょう。

SNSの利用者数は爆発的に急増中
SNSは年々利用者数を増していると言えます。これまで、日本のSNSと言えばmixiが独占に近い状態でしたが、2010年後半頃からFacebookが急速な勢いで利用者数を伸ばしています。
この背景には、原則的に顔写真を公開したアカウントであること、利用者同士のネットワークが構築しやすいこと、更新や閲覧が手軽なボイス形式であることなどが挙げられます。
また、かつては招待制だったmixiですが、Facebookは登録も自由なSNSです。したがって、どちらかと言えば、Facebookはオープンでビジネスライクな付き合いがしやすいツールと考えることができます。
どちらのSNSも基本的にユーザーが増える理由は、「知人やインターネットユーザーからの口コミ及び紹介」というのが圧倒的です。したがって、SNSのユーザーは口コミを元に利用していますから、サイトに対して初めから高い信頼度を持って利用しています。つまり、SNSは質の高い顧客(ファン)が多いと言うことです。

インターネットユーザーにおけるSNS依存症の人数
ただし、SNSと顧客の関係を考えると、実は非常に難しい関係があります。インターネットユーザーの中には一定比率のSNS依存症患者が存在しているのです。
2007年の統計になってしまいますが、インターネット依存症になっている成人患者は270万人以上居るのではないかと言われています。これは、久里浜医療センターによる推計に過ぎません。しかし、WHO(世界保健機関)からも指定を受ける同センターでは、ネット依存者に対して専門の治療研究部門を立ち上げています。
ビジネス的な観点から考えれば、彼らは非常に良質なSNSの顧客と考えることができます。しかし、倫理的な観点から考えると、極端にビジネスライクなサイトを作った場合、インターネット上で反感を買うリスクもあることを覚えておきましょう。

SNSで顧客とのコミュニケーションを図ろう
SNSには様々なメリット・デメリットがあります。その中でも利用価値が高い理由の1つに、SNS上で顧客との直接的なやりとりができる点にあるのではないでしょうか。
芸能人やアーティスト、企業担当者など、普段は接する機会のない人に対して、一般ユーザーの中には直接コメントしたいと考えている人も居るものです。SNSでは、顧客と直接やり取りができるチャンスも増えますから、ユーザーとのやり取りを真摯に行えるかどうかでも、企業や有名人が評価されます。
SNSによる顧客への広告効果は測りしれません。誠実な対応やファンサービスが問われる現代社会ですから、SNSでの対応が好感度を上げる為の重要なファクターになることだってあるのです。


Copyright (C) 2011 サイト楽市 All Rights Reserved.