サイト楽市 サイト売買手数料無料!面倒な会員登録も必要なし!
サイトを手軽に売り買いできるネット上の楽市です。 ネット事業をより手軽に始めたい方を応援します。 個人・法人問わず利用可能です。サイト売るのも、サイト買うのもサイト楽市で!
HOME 売却案件 サイト登録/編集 はじめての方 よくある質問 ご利用規約 サイト売買の基礎 お問い合わせ
サイトを売る サイト販売登録場面はこちら

サイトを買う 売却案件一覧はこちら

サイト売買の流れ 案件登録と売買の手順を
ご説明しています。

ネットビジネス関連コラム ネットビジネスの最新動向コラムです。サイト売買とのコラボレーションについてもご紹介しています。


サイト楽市の特徴
手数料無料
サイトを買うのも、売るのも手数料は一切かかりません。完全無料でご利用いただけます。 従来売買が困難であった、小規模サイトの売買についても手数料がかからないため、 これからネット事業を始めようと考えている方にとって、 より小額でビジネスをはじめることができる可能性が高まります。

会員登録不要
面倒な会員登録を必要とせず、個人・法人様問わずご利用いただけます。 気に入った案件があれば交渉をはじめることができ、 すぐにビジネスをスタートさせることができます。

よくある質問
サイトの登録に必要な条件を教えてください
契約書は作った方が良いでしょうか?
実際のサイトデータの受け渡しはどのようにすればいいですか?
サイト楽市で取り扱えない案件はありますか?
同時に複数の買主の方と交渉をすすめてもかまいませんか?
サイトを登録した後はどうすればいいですか?
登録内容を変更したいのですが。

拡大するモバイルマーケティングの市場規模

モバイルの市場規模とは
モバイルマーケティングを行う上で、まずは市場規模について考える必要があります。WEB、特にモバイルマーケティングの担当者となった場合、まずは市場規模について理解する必要があるからです。
モバイルマーケティングの市場規模はおよそ1兆円と言われています。そして、その中印となっているのは物販やサービスの売上及び手数料です。
従来は着うたや占いなど、モバイル向けのコンテンツが中心となっていました。しかし、ここのところ、市場が変化を見せています。
例えば、都市圏でのスマートフォンは30%以上となっており、およそ1/3がスマートフォンを使用しているということになります。PC同様のサイトコンテンツを閲覧していることになります。例えば、電子書籍や電子コミックの購入や、インターネットショッピングの可能性も非常に高いです。

モバイルマーケティングは購買意欲が落ちる前に販売できる
モバイルマーケティングを行う時、その特性について考える必要があります。ケータイあるいはスマートフォンの魅力は、「検索後、即購入できる」という点にあります。
例えば、会社や学校で雑誌をめくっている時、興味のある商品が見つかったとします。この時、パソコンでのインターネットショッピングしかなければ、帰宅する前に購入を諦めてしまう可能性があります。しかし、ケータイを利用すればその場で即購入することが可能です。
これは、深夜のTV通販を見て気に入った商品をもっと安く買いたいと考え、インターネットで探すという場合も同様です。また、歌番組を見ている時、好きな歌が見つかった時も同様です。
パソコンを付けるのが面倒だと思った時点で、ビジネスの機会を逃してしまっているのです。しかし、ケータイやスマートフォンであれば、手軽に購入できます。つまり、モバイルマーケティングの特性は、「手軽に購入したいと思う、安価な商品の購入に向いている」このように考えることができます。

モバイルマーケティングで売るべきではない商品とその見定め
上述したように、モバイルマーケティングでは手軽な商品は売れやすいという事情があります。例えば、衣料品、アクセサリー、音楽、サプリメントなどがその代表格でしょうか。
また、電子コミックや書籍も、現在のインターネットショッピング市場で急速に勢いを付けている分野です。こちらは、スマートフォンやタブレット類の普及、収納スペースの削減、購入までの時間や労力の削減など、様々な事情から普及している分野です。つまり、これらはモバイルマーケティングで攻めやすい分野と言えます。
例えば、モバイルマーケティングでの販売に不向きな商品と言えば、自動車などが考えられます。高額な買い物となるため、ケータイやスマートフォンでの購入と言われると、やはり少し抵抗がある方も多いのです。
もちろん、自動車が高額商品だから敬遠されるというだけではありません。モバイルマーケティングの市場は規模に対して顧客単価が低い傾向にありますが、これは使用しているユーザーの主な年齢層とも関係してきます。やはり、10代20代と、比較的若いユーザー層が多いため、高額商品が敬遠されるということなのです。

モバイルマーケティングは激化が進んでいる
このように、モバイルマーケティングはその特性から若者に対して、低単価なものを販売するのに適していました。また、モバイル向けにSEO対策をしていた企業も少なく、オークション以外は、寡占に近い状態が続いていました。
しかし、スマートフォンのインターネットはPCのWEBに準拠しています。したがって、モバイルマーケティングは市場規模に比例してSEO対策も激化していると考えて良いでしょう。
ニッチな分野で攻める、良質なSEO対策を施す、既存のサイトをサイト購入してモバイル市場に参入する為に有効活用する、など、様々な対策が考えられます。激化するモバイルマーケティングで最先端に行くのは、単純なことではなくなっています。この点を考慮しながらモバイルマーケティングを進めましょう。


Copyright (C) 2011 サイト楽市 All Rights Reserved.